夢しずく

最近の記事
アクセスカウンタ


★薬を飲まずにうつ病を改善したい方へ >>> 詳しくはこちら



※新型うつ病に関する最新ニュースも随時ご紹介していきます。
 もし宜しければ、ご覧になってみて下さい。

2009年10月05日

心因性うつ病の治療方法

心因性うつ病の治療を専門とする医師の記事を紹介します。

とても参考になるコメントが掲載されていましたので、興味のある方は、是非一度ご覧になって見てくださいね。



⇒⇒⇒「うつ」の悪循環から独力で脱出する方法



参考URL
http://www.chosunonline.com/news/20091003000012

慶煕大附属東西精神医学病院の火病・ストレスクリニックのキム・ジョンウ教授は、「とりわけ立場が弱い人の場合、自分が怒っても素直に聞いてくれる相手に対して怒りを爆発させるようになる。その相手になりやすいのが家族のため、名節の後に家族同士でけんかが起こりやすくなる」と指摘した。
子どもたちは普段、学校でストレスを感じ、夫は職場でストレスを感じる。そしてそれを母親や妻に向かって発散させるケースが多いが、これによってストレスを感じる女性たちが、(名節のときには)親せきの家の用事までこなさなければならなくなり、その結果、積もりに積もったストレスが爆発しかねないというわけだ。心因性うつ病(心理的なストレスに起因するうつ病)の治療を専門とする「クリニックB」のユン・ジュンヒョン院長は、「昔のように、母親だから、嫁だからといって無条件で我慢するという時代は終わった。名節の集まりの後、家族同士で対話する時間を作り、問題を丹念に解決していくべきだ」と指摘した。その上でユン院長は、「普段、夫婦間で円滑なコミュニケーションが取れていれば、名節でストレスがたまっても、激しいけんかになることはないだろう。夫も妻にただ耐えるよう強要するのではなく、喫茶店でコーヒーをごちそうしたり、アイスクリームを買ってあげたりして、妻を理解する態度を見せるべきだ。名節が苦手な人ならば、“防御ノート”を作成し、相手にどう対応するか、あらかじめ対策を立てておくと良いだろう」と提案した。
また、話を聞いていて怒りが爆発しそうになったら、その場を離れたり、感情をコントロールすることも必要だ。






同じカテゴリー(新型うつ病に関するニュース)の記事
 うつは生き方を直そうというメッセージ (2012-05-16 10:54)
 NHKスペシャル:うつ病を治せ! (2012-02-02 01:14)
 うつ病の治療が薬でダメな理由とは? (2011-03-18 17:17)
 東北地方太平洋沖地震について (2011-03-18 17:08)
 うつ病:労災認定の迅速化へ@厚生労働省が指針改正 (2010-10-15 11:55)
 うつなび:薬を使わず、うつ病を自分で治すためのサイトオープン (2010-09-16 20:16)


削除
心因性うつ病の治療方法