夢しずく

最近の記事
アクセスカウンタ


★薬を飲まずにうつ病を改善したい方へ >>> 詳しくはこちら



※新型うつ病に関する最新ニュースも随時ご紹介していきます。
 もし宜しければ、ご覧になってみて下さい。

2008年10月08日

産後うつ病とマタニティブルー

産後うつ病とは、出産後2週間以内に発病することが多いと言われており、放置したままだと本人の気分の落ち込みだけでなく、その後の子育てに影響し、家族内でのトラブルの原因に発展することもあるのです。

産後うつ病は、25~45歳の母親に多く、この世代の女性のうつ病の10%前後を占めると言われているんですね。

出産後1~2週間しても、まだマタニティブルーが続いたり、不安感やイライラ感が強かったり、突然激しい動悸や息苦しさが現れたり、あるいは赤ちゃんへの興味が湧かない、などの症状がある時は”産後うつ病”と呼ばれる状態かもしれません。

また、マタニティブルーであれば短期間に治るのですが、産後うつ病の場合は、自分だけの力で治すのは難しいのです。

更に、産後うつ病を放置すれば、慢性化/重症化の心配もあり、育児虐待などの悲劇につながる可能性もありますので、特に注意が必要です。



[新型うつ病関連ニュース]livedoor






同じカテゴリー(新型うつ病に関するニュース)の記事
 うつは生き方を直そうというメッセージ (2012-05-16 10:54)
 NHKスペシャル:うつ病を治せ! (2012-02-02 01:14)
 うつ病の治療が薬でダメな理由とは? (2011-03-18 17:17)
 東北地方太平洋沖地震について (2011-03-18 17:08)
 うつ病:労災認定の迅速化へ@厚生労働省が指針改正 (2010-10-15 11:55)
 うつなび:薬を使わず、うつ病を自分で治すためのサイトオープン (2010-09-16 20:16)


削除
産後うつ病とマタニティブルー