夢しずく

最近の記事
アクセスカウンタ


★薬を飲まずにうつ病を改善したい方へ >>> 詳しくはこちら



※新型うつ病に関する最新ニュースも随時ご紹介していきます。
 もし宜しければ、ご覧になってみて下さい。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  




Posted by だてBLOG運営事務局 at

2009年07月30日

自分の子供がうつ病にならないようにするには?

自分の子供がうつ病にならないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

とても参考になるブログがありましたので、ご紹介させて戴きますね。

カウンセラー 森あすかさんのブログなんですが、皆さんも是非ご覧になって見てくださいね。



参考URL
http://blog.emachi.co.jp/kisyapoppo810/diary_detail/00000391994/

今日の子育て悩み相談は、「ニュースで子供にもうつ病があると聞いたのですが、自分の子供がうつ病にならないようにするには、親としてどのようなことに気をつけたらよいのでしょうか?」です。
先ず大事なことは、家庭環境が安定していることです。そして子供への接し方としては、親の考えを押し付けたり、過剰な期待でプレッシャーを感じさせることを避け、常に子供の心に寄り添った対応を心がけましょう。  





Posted by ひまわり at 18:58新型うつ病に関するニュース

2009年07月24日

うつ病教材キット

鬱病うつびょう)について教える、中高生向けの教材キットが発売されましたね。

うつ病に関する教材が、中高生の授業で使われるなんて、なんだか複雑な心境です...

興味/関心のある方は、是非一度ご覧になって見てください。



参考URL
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/090709/tky0907091537013-n1.htm

東京学芸大学(小金井市)は製薬会社「日本イーライリリー」(神戸市)と共同で、中高生に鬱病(うつびょう)について教える授業用の教材キットを開発し、9日から提供を始めた。
「こころの病気を学ぶ授業・鬱病編」と題し、鬱病を克服した人のインタビューなどを交え専門家が分かりやすく解説した内容。中高生の心の健康管理について教員が理解を深めた上で授業に役立ててもらうのが狙い。
担当した松田修准教授は「心の病気を教える授業はほとんど行われていない。まず現場が鬱病について理解し対応するのが課題。こうした課題に取り組む先生に少しでもお役に立てれば」と話している。  





Posted by ひまわり at 21:56新型うつ病に関するニュース

2009年07月23日

以前とは異なるタイプのうつとは?

これまでのうつ病とはあきらかに違うタイプのうつ病について記されています。

うつ病の症状うつ病の原因、そしてうつ病の治療方法など、詳しく紹介されていますので、ぜひご覧になってみてください。


参考URL
http://www.nikkeibp.co.jp/article/nba/20090706/165392/

2年目を迎えたゆとり世代の新人たちの多くは、「相談したいけど話しかけられない」など、周りの空気を読み過ぎて上司や先輩たちとの関係をうまく築けないことにはじまり、いろいろな悩みを抱えているようです。その一方で育成担当者も、彼らとどのように信頼関係を築いていけばよいのか分からず、ストレスをためているケースがよく見られます。今回は、心療内科のエキスパートである梅谷薫先生に、新人や育成担当者が抱える問題とどのように向き合い改善していけばよいのかをうかがいました。

梅谷 薫(うめたに・かおる)氏
インペリアルタワー診療所(東京・帝国ホテル内)勤務。内科医師。1954年生まれ。東大医学部卒。消化器内科・心療内科が専門。大腸がんの最新の内視鏡手術であるESDの件数では全国3位(『プレジデント』誌)にランクされるなど全国トップクラスの専門医。これまで10万人を超える患者を診察するうち、健康の問題に「言葉」が深く影響していることに注目。心療内科でうつ病、DV、不登校、ひきこもりなど家族問題を中心に、のべ1万2000人の治療にあたりながら、身体と心の両面にわたる専門医として信頼を得ている。著書に『小説で読む生老病死』(医学書院)、『病(やまい)になる言葉―「原因不明病」時代を生き抜く』(講談社刊)など  





Posted by ひまわり at 21:27新型うつ病に関するニュース